HOME>イチオシ情報>基本的なことやそれぞれの種類を知ってから学校を選ぼう

基本から学ぶことができる

原稿

今までマンガを読んだことがない人はほとんどいないでしょう。それだけ日本では、多くの人々に影響を与えているのがマンガになります。マンガ自体は読むための者になりますが、実際に強く影響された人の中にはプロとしてえがくことを志す人も出てきます。そのような場合には、マンガの高校に通ってみるのがよいかもしれません。高校に通うことで学べる内容は様々ありますが、マンガに付随して絵本作家になることもできます。さらには最近需要は高まっているグラフィックデザイナーになることも可能でしょう。ただ基本になる部分は一つだけになります。基礎に中立な絵を描くことが基本になると言えます。たとえどのような作品であっても、基本的なことはだれかに学ばなければいけません。

それぞれの種類を見ていく

描く人

マンガのことを学べる高校にも様々な種類があります。一般的には通信制の学校が多くなります。通信制の学校とは、通信教育と同じように学校に通わずに勉強ができるところです。そのため直接先生と触れ合うようなことは少ないと感じるかもしれません。実は、通信制の学校であってもインターネットを通じて先生に出会うことができるだけでなく、実際にスクーリングに行くときに先生と出会うことが可能になるでしょう。この場合には、マンガに関する様々な話しを聞いておきましょう。

それぞれのジャンルごとに分かれている

PC授業

マンガを学ぶために高校に行くならば、それぞれのジャンルを頭に入れておきたいところです。これらは通常途中で変更することもできますので、もし一回試してみて自分の進むべき道がそこではないと感じた場合には、途中から別の内容に変更することもできます。ただしこの場合には学年が変わった時に変更できる伸びで、学期ごとに変更できるものではありません。変更する場合には、定員オーバーしていなければ問題ありませんが、場合によってはオーバーしていることもあります。この時には試験などで優秀な成績をとることが必要です。